億万長者のビジネススクール

起業家を目指す人に役立つ情報を提供しています

アンソニー・ロビンズの「シックスヒューマンニーズ」とは

シックスヒューマンニーズ、この記事をみつけたあなたは

きっとこんなことを考えているかもしれません。

 

「人の行動の欲求をしりたい。」

「人のニーズを把握したいんだ。」

人間関係で悩んでいるかもしれないし、

ビジネスで人のニーズを把握できずに

困っているかもしれません。

 

f:id:daikibou1994:20180213094152j:plain

 

けれど、シックスヒューマンニーズを学べば、

それらの悩みの根本を

理解することができるようになります。

人間関係やビジネスだけではなく、

自分についても理解が深まると思います。

 

それはなぜか?

それは、シックスヒューマンニーズを考えたアンソニー

ロビンズは心理学の権威のフロイトの快感原則に基づい

た根本欲求を6つに分類しているからです。

 

快感原則のように、欲求を快と不快の2つに

分類してその中でも人間の根本の欲求を

6つにまとめたのがシックスヒューマンニーズです。

 

この記事では、アンソニーロビンズの

シックスヒューマンニーズについて解説し、

どう実際の生活やビジネスに生かしていくにかをご紹介します。

是非参考にしてください。

 

storys.jp

 

1.シックスヒューマンニーズとは?

シックスヒューマンニーズとはアメリカのトップコーチ、

アンソニーロビンズが考えたものです。

 

ここから、シックスヒューマンニーズとはなにかを

説明していきますね。

 

1-1. 不快⇒快

アンソニーロビンズは人は不快を避けて、快を求めるものだ。

というスタンスをとっています。

 

ちょこっと考えてみて下さい。

あなたが何かすっごく不安なことがあったとします。

その不安をすぐにでも解消したくないですか?

 

さらに、じぶんの知り合いがいない海外にいきなり、

連れていかれました。すごく孤独ですよね?

その孤独をなくしたいですよね?

 

このように、人間は快を不快に変えたい生き物なんだ。

とアンソニーは言っています。

 

1-2.6つの人間の欲求ニーズ

ここでは、アンソニーロビンズがあげている6つの人間のニーズ

をご紹介していきます。

 

まずは、この図をご覧ください。

 

まずは、不快から見ていきましょう。

不快は

・不安感

・孤独感

・退屈感

・劣等感

そして、これらを、

・安心感

・一体感

・非日常自由

・特別感

に変えたい。

その4つがある程度満たされると、

今度は

・貢献

・成長

というニーズが出てくる。ということです。

それから、図にあるように、

安心と非日常

特別感と一体感

は対立の位置関係にあります。

この2つ、安心と非日常は同時には味わうのは

難しいと言われています。

 

なんとなくわかりますよね。

非日常のスリルやわくわくを楽しんでいる時に、家にいるときのような

安心感はなかなか得られないですよね。

 

特別感と一体感も同じです。

人々と同じ行動、体験をしている時に自分だけが特別だとは普通

思わないですよね。

 

storys.jp

 

1-2-1.安心感の説明

安心感とは、

「安心したい」「癒されたい」「和みたい」など、

極端にいえば、死なない安全のことです。

 

不安はその反対です。

死ぬかもしれない。命に係わるかもしれないこと。

を不安に思いますよね。

 

1-2-2.一体感の説明

一体感を味わうには深い心のつながりが必要です。

「愛を感じたい」

「存在を認められる 人と一緒がいい!」

など、です。

 

実は、愛はこの一体感なんです。

存在を認めてもらえる存在がいる

一体感、それが愛なんですね。

1-2-3.非日常・自由の説明

非日常感は安心の反対です。

死ぬかもしれない。くらいヤバい状況が最強の

非日常です。

「変化したい 」

「刺激が欲しい」

「自由でいたい 」

「いつもと違うことがしたい」

ドキドキ・ワクワク

などです。

 

1-2-4.特別感の説明

特別感とは、「優越感を味わいたい」

「特別扱いして欲しい」

「自己重要感満たしたい」

「すごいと思われたい」

「人と違うのがいい!」

などです。

 

2.なぜシックスヒューマンニーズが大事なの?

なぜシックスヒューマンニーズで

人の欲求を把握することが重要なのでしょう。

 

それは、ビジネスにおいて人のニーズに

応えるのが超重要だからです。

 

2-1.あなたの商品が大損失!!!!?

商品を作るとき、さぁビジネスを立ち上げようとなった時、

あなたはどうするでしょうか?

じぶんの得意なこと?じぶんが大好きなことから作りますか?

 

それでは、まったくの失敗に終わる可能性が高いんです。

 

なぜでしょうか?

それは、あなたのお客さんが欲しがる商品じゃないと、

お客さんは買ってくれないからなんです。

 

そう。ニーズです。

ビジネスや営業でも一緒です。そのお客さんがどの不快欲求を

快の欲求に変えたいのか考えると、その人に合った提案ができてしまうんです。

 

 

storys.jp

 

2-2.人は操られているんだよ!?

また、人がものを買う時を考えてみましょう。

あなたはどんな時ものを買いますか?

「あ~今日寒いな。あったかい飲み物買おう。」

「うあ、雨だ。濡れたくないから傘買おう。」

この時、ちょっと大げさですが、

寒くて凍え死ぬ不安を解消するためにあたたかい飲み物を

買いますよね?

濡れて不快になるのを、避けるために傘を買いますよね?

 

人は物を買う時、欲求が動いて感情となって表に出てくるんです。

だから、モノを買うんですね。

 

人間の欲求を意識すると、このお客さんの欲求をどう刺激して

モノを買ってもらうかという視点がつくようになるんです。

 

だから、普段からなぜ?モノを買うのか、モノを買う時どんな欲求が

動いているのか考えるんです。

 

3.具体的なシックスヒューマンニーズの使い方

3章では、具体的なシックスヒューマンニーズの使い方について

説明していきます。

 

3-1.シックスヒューマンニーズをビジネスに使う

ビジネスについて考えてみます。

最近はやっているものや商品についてシックスヒューマンニーズを

使って分析してみることにします。

 

たとえば、最近はやっているフェスについて考えてみます。

好きなアーティストとそれを好きな、いわば仲間と一緒に盛り上がりますよね。

これは、強烈な一体感の欲求が満たされているんです。

 

さらに、あの空間。完全に日常では味わえない非日常ですよね?

だから、フェスは流行るんです。

 

こんなことも考えてみます。

たとえば、サラリーマンから起業したいんです。っていう人。、

いるとしますよね。

それで、あなたはコーチだとします。

そのサラリーマンを起業に導くコーチです。

その時、そのサラリーマンにどんな欲求があるか考えるんです。

 

サラリーマンという安月給と会社がつぶれるかもしれない。

という不安を起業して自分で収入をコントロールして安心したいの

かもしれません。(実際収入が安定するかは別として)

 

起業することで、一緒に困難を乗り越える仲間を手に入れて、

一体感を手に入れたいのかもしれません。

 

さらに、日本では起業する人が圧倒的に少数派なので、

起業をして俺は特別なんだっていう特別感を味わいたいのかもしれません。

(起業家が少数派という日本を変えたいのですが、、)

 

サラリーマンのルーティンワークでは、味わえない非日常のわくわく感を

得たいのか。

 

そのサラリーマンがどのニーズを求めているか考えるんです。

そうすると、その人のニーズを満たせますよ~っていうふうに、

提案してオファーをかければ、速攻契約です。

 

最後に、iPhoneに関しても考えますね。

iPhoneクッソ流行っていますよね?

 

実はiPhoneは全部のニーズを満たせているんですよ。

iPhoneがあれば、すぐに誰とでも連絡がとれますよね?

iPhoneを持っていると安心できるんです。

 

iPhoneSNSできますよね?

いろんな人と繋がれる。一体感を味わえるんです。

 

さらに、SNSでいいね!がいっぱいもらえたとします。

すると、特別感がみたされるんです。

 

iPhoneでは、ゲームもできます。

ある意味、日常では味わえない非日常です。

 

どうですか?そう考えると、iPhoneが売れるのも

分かる気がしますよね。

 

逆に言うと、あなたがiPhoneのようなヒット商品、

人気になるサービスを作ることも可能になるんです。

 

3-2.じぶんを知る。

 

また、やりたいことがなくても大丈夫。

人生の質を圧倒的に上げる8つの指標

と同様に、じぶんについて知ることにも、

シックスヒューマンニーズは使えるんです。

 

たとえば、

自分のやりたいことや使命がみつけれれないよ。

起業したいけど、どの分野で起業をしたいか

考えていたとします。

 

その人は旅行が好きだったとしますよね。

その人が求めているのは、非日常なんです。

 

だから、非日常の中で自分の

使命を探してみるのがいいかもしれません。

 

たとえば、自分が体験した非日常体験を他人にも体験してもらう。

ツアーガイドとかかもしれません。

 

その体験をブログで広めて情報発信することかもしれません。

 

人生の輪を使った記事と今回の記事のシックスヒューマンニーズを

使うと本当に自分の欲求やニーズが分かるようになるんです。

 

4.まとめ

どうだったでしょうか?

シックスヒューマンニーズについて理解を

深めてくれましたか?

 

この記事の中にでてきた重要なところをもう1度書いておきますね。

人は不快を快に変える欲求ニーズがある。

・不安⇒安心

・退屈感⇒非日常自由

・劣等感⇒特別感

・孤独感⇒一体感

・シックスヒューマンニーズをビジネスに生かす

・シックスヒューマンニーズで自分をしる。

起業の初期において、とくにこの自分を理解する

というのは、重要かもしれません。

じぶんの本当にやりたいこと、使命についていま1度

考えてみてください。

 

storys.jp

 

5.さいごに

シックスヒューマンニーズの良さは人間の

根本欲求について理解できることです。

 

ビジネスや人を理解することにも役立つ。

もちろん、自分の理解にも役立ちます。

 

そして、「人がどんな不安を抱えているのか。」

に注目するんです。

 

そうすると、自然と相手の求めているものが

何なのかわかるようになる。

 

これが、できるようになると、

人間関係を構築するのが本当にうまくなります。

 

さらに、ビジネスにおいては、

人のニーズを把握することで、売れる商品や

売れるコンテンツを簡単に作れるようになるんです。

 

最後に、シックスヒューマンニーズは

ビジネスにおいて最大の効果を発揮します。

ビジネスは人の悩みを解決するものです。

言い換えれば、「人の不安を安心に変えてあげること。」

 

私は、この考え方は、どんなビジネスでも根本に持って

おかなければいけないものだと思います。

 

より多くのビジネスマンや起業家がこのことを忘れずに

活躍してくれることを願っています。

 

storys.jp